桐たんす

「桐たんす」に使われる桐とは

  • 桐は、シソ目のキリ科のキリ属の落葉広葉樹です。
    漢語の別名では白桐とも書かれます。
    高さは10mほどにもなり、初夏の頃に淡い紫色の筒状の花をつけます。
  • 原産地は中国と言われており、日本においては北海道南部以南で植栽されています。
    中でも福島の「会津桐」、岩手の「南部桐」が有名です。
  • 桐は、下駄や箪笥、神楽面の材料として、古くから良質の木材として使われてきました。
    一方、桐は家紋や紋章の意匠にも取り入れられるくらい神聖な木とみなされきました。
  • 桐は、日本国内では最も軽い木材として重宝されています。
    また、湿気を通しにくいことや、割れや狂いが少ないという特徴があるので、高級木材として利用されてきました。
    箱類や家具類に広く利用され、特にその特徴から箪笥に使われることが多いものです。
    高級家具と言えば「桐箪笥」とされてきました。
  • 桐たんす買取のエコプライスでは、この貴重な桐たんすを高額買取させていただいております。
    古く使わなくなった「桐たんす」や、各種メーカーの「桐たんす」まで、いろいろと高額査定でお取り扱いさせていただいております。

桐たんす買取


同じカテゴリーの一覧

桐たんす

  • 桐たんす
桐たんすのホームページご紹介

カスタム検索

  桐たんす


ここは「 桐たんす」ページです。

  桐たんす
桐たんす
無料登録ポータルTOKUDANE|優良ホームページのご紹介です。
審査の上登録させていただいておりますので、安心して各ホームページをご覧いただけます。
Copyright© 2010 無料登録ポータルTOKUDANE|優良ホームページのご紹介 All Rights Reserved.
Top